2009年11月11日

081:早 (寺田ゆたか)  

後のことみな細々(こまごま)と書く妻にまだ早いとは口に出せざり

posted by 素浪人Joe at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

080:午後 (寺田ゆたか)


独り居の部屋に射し入る秋の陽を諸手に受けて黙しゐる午後



posted by 素浪人Joe at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

079:恥 (寺田ゆたか)


他人(ひと)が見れば嗤ふだらうよ恥知らず泣き歌ばかり詠ふ男を

posted by 素浪人Joe at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

078:アンコール(寺田ゆたか)


幾たびも目をぬぐひつつ「アンコール」と叫べど幕は再び開かず


posted by 素浪人Joe at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

077:屑 (寺田ゆたか)


はららきて屑となり果つ白骨(しらほね)の軽きを拾ふ手の鈍さかな

posted by 素浪人Joe at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。