2009年11月11日

092:夕焼け (寺田ゆたか)


抜け落ちて虚ろな胸が濡れてゐる 明日は晴れます夕焼け小焼け


posted by 素浪人Joe at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

091:冬 (寺田ゆたか)


冬過ぎて日ごと日永になりゆくに汝が命のみなど短きや


posted by 素浪人Joe at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

090:長 (寺田ゆたか)


わが余命さほど長くはあらざれど亡妻(つま)の生命も受け継ぎゆかむ


posted by 素浪人Joe at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

089:テスト (寺田ゆたか)


臥処(ふしど)より家事ひとつづつ教へしは独り身となる我へのテストか

posted by 素浪人Joe at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

088:編 (寺田ゆたか)


伸びし髪を三つ編みにして微笑みぬ病みても妹(いも)は少女のやうに

posted by 素浪人Joe at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

087:気分 (寺田ゆたか)


汝が魂は冷たき大気分け昇り昴の星のひとつとなるや


posted by 素浪人Joe at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

086:符 (寺田ゆたか)


通行符持たねばここを渡さじと渡し守言へよ三途の川の


posted by 素浪人Joe at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

085:クリスマス(寺田ゆたか)


手をとりてクリスマス市歩みゆき熱きワインに頬染めし夜


posted by 素浪人Joe at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

084:河 (寺田ゆたか)


「何でやねん!」と河内なまりで叫びたり汝の呼吸(いき)絶ゆる明け方の四時

posted by 素浪人Joe at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

083:憂鬱 (寺田ゆたか)


憂鬱の字は似合はざり ユーウツと明るく云ひて笑む人なりき


posted by 素浪人Joe at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

082:源 (寺田ゆたか)


死の病その源はいづくぞと詮索するも甲斐もなきこと


posted by 素浪人Joe at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

081:早 (寺田ゆたか)  

後のことみな細々(こまごま)と書く妻にまだ早いとは口に出せざり

posted by 素浪人Joe at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

080:午後 (寺田ゆたか)


独り居の部屋に射し入る秋の陽を諸手に受けて黙しゐる午後



posted by 素浪人Joe at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

079:恥 (寺田ゆたか)


他人(ひと)が見れば嗤ふだらうよ恥知らず泣き歌ばかり詠ふ男を

posted by 素浪人Joe at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

078:アンコール(寺田ゆたか)


幾たびも目をぬぐひつつ「アンコール」と叫べど幕は再び開かず


posted by 素浪人Joe at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

077:屑 (寺田ゆたか)


はららきて屑となり果つ白骨(しらほね)の軽きを拾ふ手の鈍さかな

posted by 素浪人Joe at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

076:住 (寺田ゆたか)

骨壷に入りて吾妹はすましゐる さほどに壷は住みよきものか

posted by 素浪人Joe at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

075:おまけ (寺田ゆたか)


キャラメルのおまけの鬮さへ吉なるに何ゆゑ汝(なれ)は大凶を引く

posted by 素浪人Joe at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

074:肩 (寺田ゆたか)


妻の背を流しつつ憶ふ右肩の小さき黒子(ほくろ)に口づけしこと

posted by 素浪人Joe at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

073:マスク (寺田ゆたか)

わがためのマスクにあらじ病篤き妻に風邪をばうつさじとして


posted by 素浪人Joe at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

072:瀬戸 (寺田ゆたか)


手拍子を打ちつつ共に歌ひたる「瀬戸の花嫁」口ずさむ 独り


posted by 素浪人Joe at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

071:痩 (寺田ゆたか)


我もまた吾妹と共に痩せてゆく共に逝くにはあらざるものを

posted by 素浪人Joe at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

070:CD (寺田ゆたか)

レクイエムのCDばかりを取り出(いだ)し続けて聴けり夜の明くるまで


posted by 素浪人Joe at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

069:隅 (寺田ゆたか)


庭隅にブライダルヴェール蔓延りぬ妻亡きあとの金婚の年


posted by 素浪人Joe at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

068:秋刀魚 (寺田ゆたか)


秋刀魚食みて独り涙せし詩人ありわれはお汁粉食みて涙す


posted by 素浪人Joe at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

067:フルート (寺田ゆたか)


シチリアーナ肩寄せ聞きし夜もありき冷たき秋の銀のフルート

posted by 素浪人Joe at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

066:角 (寺田ゆたか)


その角を曲がればわが家 庭の花世話するひとを幻に見る


posted by 素浪人Joe at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

065:選挙 (寺田ゆたか)


総選挙野党の勝ちと報告す写真の妻はただ笑みてをり


posted by 素浪人Joe at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

064:宮 (寺田ゆたか)


八幡宮の破魔矢を持ちて帰り来し子のやさしさも間に合はず今は


posted by 素浪人Joe at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。