2009年11月05日

030:牛 (寺田ゆたか)

半身を起こして冷たき牛乳をストローで吸ふ小さく噎せつつ


posted by 素浪人Joe at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

029:くしゃくしゃ(寺田ゆたか)

髪伸びてくしゃくしゃだよと言ふ妻の半ば白きを指で梳きやる


posted by 素浪人Joe at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

028:透明 (寺田ゆたか)

まだきみは成仏なんかしてゐないぼくには見える透明の人


posted by 素浪人Joe at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

027:既 (寺田ゆたか)

夕暮れは既視感(デジャビュ)を連れてやつてくる初めてキスをした日のやうに

posted by 素浪人Joe at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

026:コンビニ (寺田ゆたか)

コンビニでやつと見つけたかき氷やはり甘いと病む妻はいふ


posted by 素浪人Joe at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

025:氷 (寺田ゆたか)

甘くないかき氷少し欲しといふ ただ一口の楽しみなるに


posted by 素浪人Joe at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

024:天ぷら (寺田ゆたか)

かき揚げの天ぷら一つ分け食みし昔のことも思ひ出さるる


posted by 素浪人Joe at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

023:シャツ (寺田ゆたか) 

南国の旅に求めしペアのシャツ今着るひとはわれ一人のみ

posted by 素浪人Joe at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

022:職 (寺田ゆたか)   


転職を打ち明けた夜の不安顔 転世のきみに微塵も見えず


posted by 素浪人Joe at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

021:くちばし(寺田ゆたか) 

雨の園にくちばし赤き鳥を見し異国(とつくに)の旅 あれは六月


posted by 素浪人Joe at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

020:貧 (寺田ゆたか)

まだ若く貧しい夫婦であつたよねピアノを欲しいと願ひし頃は


posted by 素浪人Joe at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

019:ノート (寺田ゆたか)

亡妻(つま)の残せるノートの終り羽田発バスの時刻が書いてあるのみ


posted by 素浪人Joe at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

018:格差 (寺田ゆたか)

病室に格差はありぬ個室との差額払へず大部屋に居る

posted by 素浪人Joe at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

017:解 (寺田ゆたか)

病名も解らず無為に時を経ぬ 気づきの遅き我を責めゐる

 
posted by 素浪人Joe at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

016:Uターン (寺田ゆたか)

六文銭持たずに逝きし旅なればUターンせよ川の岸より

posted by 素浪人Joe at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

015:型 (寺田ゆたか)

型通りの言葉連ねる葬儀屋のべたりの敬語耳にまつはる


posted by 素浪人Joe at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

014:煮 (寺田ゆたか)


やはらかに煮えし子芋をゆつくりと食みしその口すでに動かず


posted by 素浪人Joe at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

013:カタカナ (寺田ゆたか)

 
カタカナの長い名前の痛み止め朝夕飲めど甲斐もなかりき

posted by 素浪人Joe at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする

012:達 (寺田ゆたか)

「達者でね」と別れた友は暮れに逝き 年明けてわが妻も去りゆく


posted by 素浪人Joe at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 09年題詠100首 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。